本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


伊藤電子工業株式会社

印刷用PDF
2009年度・イノベーション

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役社長
伊藤 勝男

携帯電話用カメラ部品で世界的シェアをもつメーカー

  • 山形県寒河江市中央工業団地158−15
  • 1971年(昭和46年)設立
  • TEL 0237-86-1111
  • http://www.ito-denshi.co.jp
携帯電話用カメラの部品であるMCU(Micro Camera Unit)においては、全世界の約14%を製造する独自の開発技術と生産技術を展開する企業。

独自の開発技術と生産技術を展開

携帯電話用カメラの部品であるMCU(Micro Camera Unit)では、全世界の約14%を製造している。
 同社は、開発力を活かした独自のモジュール構造(特許出願中)により、高品質かつ高効率の生産を実現し、高画素数カメラ製造にも対応可能な製品を製造している。
 また、過去の商品には、ウォークマンの磁気ヘッド・小型一眼レフカメラ・テープライターなどがあり、世界規模のヒット商品を生み出している。

ユーザー企業や地域企業との連携

ユーザーのニーズが最も高い「高画素化」については、これに応えるべく発注元はもとより近隣の幾多の協力工場と連携・協力し、製品の研究開発から製造までを行っている。

地域社会への貢献

当初、同社が立地した地域は、3社の企業と工業高校だけであったが、現在では、100社を超す工業団地へと発展し、社内で450人の従業員の他、協力工場を合わせ、約1,000人の雇用を確保するなど地域への貢献が認められ、平成16年には山形県より「山形県産業賞」を受賞している。



このページの先頭へ