本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


桑名商事株式会社

印刷用PDF
2009年度・イノベーション

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
桑名 朗

環境に配慮した、鉛・クロムフリーめっきで
精密金型を補修・改質

海外進出した企業からもオーダーが入る。鉛・クロムフリーのめっき被膜で精密金型・部品へのミクロン単位の補修、離型・耐摩耗・潤滑特性等の表面改質を手掛ける。

環境に配慮した、鉛・クロムフリーめっき技術

世界的な環境意識の高まりを受け、RoHS指令等、各国から有害物質フリーの要請が行われている。これにより、六価クロムや鉛等を含む電気電子機器等の製造、販売が禁止され、同物質を使わないめっき技術が求められている。同社では無電解めっき法を用い、六価クロムや鉛を用いない高耐食性合金めっき技術や、ダイヤモンド等のナノ粒子をめっき被膜中に均一に分散させクロムめっきの代替となる耐磨耗性、潤滑性に優れためっき技術で、金型・精密機器部品の補修・改質を手掛ける。製品は自動車・産業機械・エレクトロニクスなど多くの分野で活用されている。

豊富なバリエーションで顧客ニーズに対応

多様な顧客ニーズに対応するために、同社では、無電解ニッケルをベースとした分散めっきで10種類、合金めっきで5種類を保有し、ニーズに対する最適なめっき被膜を提供するほか、顧客と共同で新しいめっき被膜の開発・評価を行い、最終的に、消費者に対する高品質で安価な製品の提供につながっている。

「めっき技術をいかした提案改善型企業」を目指す

同社では、課題への対応と高機能めっき技術の開発のため、産学官連携による研究開発を数多く行ってきた。今後も、 「めっき技術をいかした提案改善型企業」を目指し、高い技術力を維持して、環境負荷を抑えたものづくり活動に貢献して行きたいと考えている。



このページの先頭へ