本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社フジノス

印刷用PDF
2009年度・イノベーション

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
丸山 健

特殊な絞り技術を有するIH対応鍋作りの
パイオニア

世界初の200ボルトIHクッキングヒーター対応鍋を開発したステンレス製品作りの高い技術力を誇るIH対応鍋作りの先駆者。

世界初の200ボルト用IHクッキングヒーター対応鍋

国産初の多重層鍋(鉄とステンレス3層鍋)を開発するなど、ステンレス製品作りに高い技術力を有していることから、電力会社の依頼を受け、世界初の200ボルトIHクッキングヒーター対応鍋の開発に成功した。


軽いIH対応鍋の開発

近年のIHクッキングヒーターは高火力機器が中心となっているため、ステンレス鍋には更に鍋底の厚さが求められ、「IH対応鍋は重たい」というのが、一般的な認識となっていた。
 同社では、底部分を厚く側面を薄くする特殊な絞り技術により、「軽いIH対応鍋」を開発。その高い技術力に信頼が寄せられた結果、電力会社、大手家電メーカーのIHクッキングヒーター推奨鍋となっている。


地域における企業間連携

新潟県燕地区は金属ハウスウェア製造分野で、分業体制の確立により、独自の高度な専門技術が集積している日本有数の地域である。同社の製品開発には、地域の協力工場とのコラボレーションが必要不可欠である。地域の技術で作られた製品が評価を得ることによって、地域産業のイメージアップへとつながっている。


このページの先頭へ