本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


サンエムパッケージ株式会社

印刷用PDF
2009年度・イノベーション

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
三宅 馨

世界品質の医療用マスクを、
日本国内で製造しているOEMメーカー

  • 静岡県島田市大代1086−1
  • 1967年(昭和42年)設立
  • TEL 0547-45-4125
  • http://www.san-m.co.jp
不織布という新素材の可能性をいち早く見出し、最先端の加工技術を開発することで、不織布ディスポーザルマスクの加工メーカーとして世界をリード。

医療用マスクで高いシェアを誇る

新素材として脚光を浴び始めていた不織布にいち早く着目。自社ブランドの商品にこだわることなく、モノ作りに経営資源を集中し、現在ではOEM供給により医療用マスクで極めて高い国内シェアを確保。クリーンルーム用、ダスト対策等産業用マスク、風邪、花粉対策等家庭用マスクにも注力している。

生産工程の抜本的な見直しにより、
準クリーンルーム環境での量産体制を確立

手作業で行っていた工程を見直し、自動縫製機を開発。さらには、糸と針で縫う手法では生産能力に限界があると判断し、超音波溶着加工法を世界で始めて導入。生産効率の向上とあわせて、糸の交換や針の修理などによる停止がなくなり、稼働率の大幅な改善を実現。

新型インフルエンザ対策

国内有力メーカーの不織布を用い、専用の高性能フィルターを共同開発し、N95マスク、サージカルマスク等高品質の使い捨てマスクを量産している。近年関心が高まっている新型インフルエンザ対策には、同社の製品の貢献が期待される。



このページの先頭へ