本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


中日本炉工業株式会社

印刷用PDF
2009年度・イノベーション

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
後藤 峰男

「小型真空熱処理炉」を日本で初めて開発

真空熱処理炉を中心とした工業炉の設計・製造・施工・メンテナンスまで行う一貫メーカー。小型真空熱処理炉の国内シェアは50%以上を占める。

工業炉の設計からメンテナンスまで一貫して行う機械メーカー

顧客との綿密な打合せにより、最適な工業炉を提供しており、「小型真空熱処理炉」は国内トップシェア。創業以来「工業炉の総合メーカー」として、先進テクノロジーで熱処理業界に貢献してきた。また、自社の工業炉を使い、金属の焼入れ・コーティングの受託加工も事業化しており、集荷・集配も実施している。
 顧客サイドに立った視点での炉の開発と、修得した熱処理技術により様々な需要に対応している。


小型でタフな真空熱処理炉(NVFシリーズ)

「モノづくり」の原点である金型や各種金属部品。その製作工程で金属の強靭性・耐摩耗性向上には、金属の熱処理工程が欠かせない。その一つである真空熱処理の全ての機能を、この1台に納めた。
 ・蓄積された熱処理ノウハウが生かされた設計。
 ・充分な安全機構とともに、焼入れ→焼戻しまでが全自動プログラムコントロールにて実現。
 ・ユーザーの要望に応える種々のオプションを用意。
 ・冷却速度、温度分布が良好で変形が非常に少ない。
 ・低価格に加え、コンパクト設計による省スペース、省エネを実現し、
  従来、炉の導入が難しかった中小企業からの需要に応えている。


プラズマ熱処理技術の共同開発

金属熱処理の短時間化を可能にするプラズマ炉の開発については、産官学共同プロジェクトとして、「プラズマ技術開発センター」に参画している。自動車部品、金属部品などに対する工業規模のプラズマ浸炭技術の適用を図り、熱処理業界のパイオニアとして次世代技術開発を推進している。


このページの先頭へ