本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


三和研磨工業株式会社

印刷用PDF
2009年度・イノベーション

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
竹ノ内壮太郎

表面価値創造支援のための研磨工具を提供

石材、金属、ガラスなど素材の表面に機能性を付加する研磨工具や、薄膜材料等を開発し、顧客の表面価値創造を支援する。

粉体焼結技術を軸に様々な開発

昭和24年にグラインダー砥石を製造するメーカーとして創業し、コア技術である粉体焼結を応用し、より付加価値の高いモノづくりへと変革を重ねる。創業60年を経た今では 石材加工のダイヤモンド工具、金属加工の超精密砥石、光学部品用の薄膜材料などを開発・製造している。

世界の石材研磨加工においてサンワブランドの確立

昭和40年代から墓石の研磨加工市場に参入し、それまで天然・合成砥石で行われていた加工 をダイヤモンド工具による加工に置き換える。その後、研磨工程を網羅した製品群を開発・投入し墓石研磨市場におけるサンワブランドを確立した。また、新製品開発・新市場開拓に積極的な姿勢で、アメリカ、インド、EUで、子会社販売拠点によるネットワークを作り上げ、世界の石材加工においてもブランドを浸透させている。

お客様にとっての最適な製品を提供する

ニッチなマーケットをターゲットとし、常に顧客に密着してニーズをつかみ、それを同社の コア技術を生かして、新たなマーケットを創造している。
技術シーズで不足している分野は、大学との産学連携を進め、事業化につなげている。

【製品一例】



このページの先頭へ