本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


大洋化学株式会社

印刷用PDF
2009年度・イノベーション

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
上西 一永

人と自然にやさしい次世代の舗装材を開発

地域密着型のリサイクルシステム構築でペットボトル再生ビジネスを拡大。全自動麻雀卓では、国内で圧倒的なシェア。

エコ・リサイクル事業の展開

同社は、近年、環境ビジネスに力を入れており、地元市町村と協力してペットボトルの回収を推進し、ペットボトルやリサイクル成形の難しい廃材を主原料に、付加価値を追求した商品開発を進めている。
 独自のウレタン成形技術を応用し、1センチ未満のフレーク状に破砕したペットボトル片を接着し、表面にゴムを混ぜ、転倒してもケガをしないソフトで透水性と保水性を両立した舗装ブロック「エコハンズ」(商品名)は、環境性、安全性、透水性、すべてに対応する高性能ペイブメントであり、屋上のヒートアイランド対策や、遊歩道、工場、公園の側溝に利用され、好評を得ている。


トップシェアの全自動麻雀卓と健康麻雀普及の支援

ユリア樹脂によるボタン製造にルーツをもつ同社は、同樹脂を用いた漆器素地、人造真珠、麻雀牌と時代に応じた用途開発を行いながらも、一貫して樹脂と成形を主軸にビジネスを展開してきた。自社内で金型の設計、製造、メンテナンスが可能であることが強みであり、全自動麻雀卓では、国内で圧倒的なシェアを持っている。最近では、家庭用麻雀卓の普及も進み始めており、同社では、健康麻雀普及のため、「熟年高齢者健康麻雀大会」を支援している。


地元ものづくりへの貢献

同社は、工業高校実践教育導入事業に参画し、地元高校への技術者の派遣、生徒の受入れ、教員の企業研修の受入れ等、地域のものづくり人材育成に貢献している。


このページの先頭へ