本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


小川工業株式会社

印刷用PDF
2009年度・イノベーション

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
佐々木 惣太郎

ファイブランキングを超えたファインプレス

部品調達のグローバル化が進む自動車業界の中で、より競争力のある 高付加価値製品を追求。

独自開発のファインプレス工法

従来、「厚板の精密打ち抜き」は、FB(ファインブランキング)加工が当たり前だったが、同社では、一般プレス機でFB同等以上の加工精度を確保する加工技術に取り組み、ローコストでの精密打ち抜きに成功した。
 同社が永年培ってきたパーツフォーマ技術とファインプレス技術を駆使し加工した製品は、サスペンションやシートベルト関連からオートマチックトランスミッション部品まで、自動車の様々な分野で採用されている。

付加価値の高い加工、特殊技術を高めて

一般にプレス加工は、プレスダレや抜き面に破断・クラックなどが発生する可能性がある。同社の「ファインプレス工法」は、ダレを極小にし、せん断の確保(100%可)を可能にした。
 自動車に搭載されるオートマチックトランスミッション内のポールパーキングは、その強度アップの為に厚くなる傾向にあり、加工の選択肢が限られている。そのニーズに対応できたのがファインプレス工法。加工工数の削減によるコストダウンや精度アップの実現で、ミッションメーカーなどの生産活動に寄与している 。

改善への取り組み

TPM活動は、設備、工程、生産システムのあるべき姿を追求する全員参加の生産保全活動で、企業の体質改善活動である。同社は、TPM活動に積極的に取り組み、その成果は高く評価されている。



このページの先頭へ