本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


オージー技研株式会社

印刷用PDF
2009年度・イノベーション

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
奥田 宏

介護労力の軽減とQOLを実現する
特殊入浴装置のトップメーカー

医療・リハビリ機器メーカーとしての技術力を活かし、特殊入浴装置分野で国内トップメーカーとなる。車椅子入浴装置で座位入浴という新カテゴリーを確立。

特殊入浴装置で国内シェアー40%

厚生省(現 厚生労働省)が平成元年から実施した高齢者保健福祉推進10ヶ年計画(ゴールドプラン)にいち早く対応。介護者の労力軽減と入浴者のQOL向上を実現する特殊入浴装置の国内トップメーカーとして、老人福祉施設や医療施設で高い評価を獲得。平成3年に商品化した専用車椅子で座位のまま入浴できる据置型車椅子入浴装置(チェアーインバス)では、座位入浴という新カテゴリーを確立した。

医療・リハビリ機器の技術を活かして

国産初の低周波治療器で創業、同じく国産初となる電動間歇牽引装置で企業の基礎を築くなど、技術力とオリジナリティーで業界をリード。2008年には筋電検出と低周波出力を分離する独自技術により、対象者の筋電信号を的確に検出して、最も適した電気刺激を自動出力できるリハビリテーション用先進トレーニングシステム を開発。こうした高いセンシングやメカトロ技術が安全で安心できる特殊入浴装置を生み出している。

デザイン力で人にやさしい機器を開発

デザインも重要な技術力と位置付け、製品デザインでも業界をリードしている。暗いイメージだった運動療法機器を明るくしたり、ステンレス製で冷たいイメージだった特殊入浴装置も、FRP化とカラーリングで一変させた。2004年からはグッドデザイン賞を特殊入浴装置×2、物理療法機器×1、運動療法機器×4の計7製品で受賞。



このページの先頭へ