本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


道前工業株式会社

印刷用PDF
2009年度・イノベーション

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
真鍋 隆太

高温耐摩耗性に優れた
特殊アルミニウム青銅鋳物合金「DZ400」

  • 愛媛県西条市楢ノ木町姥ヶ橋377
  • 1967年(昭和42年)設立
  • TEL 0897-57-9083
  • http://www.dozen.co.jp
高温耐摩耗性を必要とする摺動部品(ブッシュ、ライナーなど)の材料に適した素材「DZ400」を開発。熱延工場のライナー材や鍛造機でのフィールド実績でも、従来の高力黄銅や鉛青銅に比べ寿命が2〜3倍に向上。

特殊アルミニウム青銅鋳物合金「DZ400」の実現

産学官共同研究により耐摩耗性に優れたアルミニウム青銅鋳物合金を開発し、JIS規格の2〜3倍の耐久性を実現。同社は、この成果を摺動部材としての特殊アルミニウム青銅鋳物合金「DZ400」の製品化に繋げている。

「DZ400」で省資源・省力化への貢献

「DZ400」の使用により、従来のJIS規格品(高力黄銅鋳物、鉛青銅鋳物)よりも寿命が2〜3倍に延長し、大幅な省資源、コスト低減に寄与している。それに伴い、定期修理なども半年に1回行っていたものが、年に1回から2年に1回となり、省力化、維持管理費の大幅なダウンに繋がっている。

「DZ400」の発展性

給油不良等による焼付け発生時に、従来の高力黄銅では焼付けを起こし摺動材だけでなく軸材も駄目になるケースでも、「DZ400」では摺動材に亀甲状に亀裂が入り軸材は焼付けを起こさず再使用可能なケースが見られたことから、現在その条件を解析している。これが明らかになればより多機能な材料として発展していくことが期待できるとしている。



このページの先頭へ