本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社エス・アイ・エス

印刷用PDF
2009年度・イノベーション

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


取締役技術部長
橋本 昌彦

高規格回転台装置による
迫力あるスーパー映像

  • 福岡県福岡市東区多の津1-11-8
  • 2003年(平成15年)設立
  • TEL 092−626−2640
  • http://www.satois.co.jp
大手電気メーカー向け、カメラ回転台の技術開発と量産品の製造。また各テレビ番組において迫力ある、斬新な映像を映し出し皆様の家庭へ。

Max40km/h空中を走りながら
ダイナミックな映像を送る"高速の目"

放送用ハンディカメラを同社が開発した高規格回転台に設置し、カメラレンズ、アングル、速度を全てリアルにコントロール。上空に張られたワイヤ上を、カメラがMax40kmで滑らかに走り、動く被写体を確実にとらえながら移動する「空中走行型撮影システム」スポーツイベント・コンサートなど、多様な撮影現場で採用されている。
 このシステムにより、フィギアスケートの選手を上空から撮影し、ジャンプ・スピンを鳥瞰図のように、また水泳競技においては、泳ぐスピードにあわせた映像が上空から描写できるため、競り合う選手とゴールタッチの迫力ある瞬間が映し出される。

精密でダイナミックな映像を創り出す"撮影ロボット"を開発

モーションコントロールでなければ不可能な、カメラワークを伴う多重撮影や、高規格回転台ならではの微速度(1回転2時間50分)の超スロー撮影から高速(1回転2秒)まで、対応可能な撮影ロボットも開発。

環境配慮と製品の安全性を高めたものづくり

工場内は、ISO14001を認証しており環境面に配慮されている。
また、X線分析装置により、使用される部品をサンプリング調査し、有害物質(鉛・水銀・カドミウム、6価クロム、PBBなど)を検出し、製品の安全性を高めている。



このページの先頭へ