本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社アルファ・テクノツール

印刷用PDF
2009年度・キラリ

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
武田 幸一

自動車塗装に採用された静電気除去装置を開発

  • 山形県村山市大久保4937-2
  • 1989年(平成元年)設立
  • TEL 0237-54-3310
  •  
  • (本社連絡先:0237-72-2811 )
  • http://www.alpha-tt.jp
静電気の発生を防ぐ独自の技術で、色むらのない塗装吹きつけが可能となる塗装補助装置を開発。国内自動車メーカーにも採用。

世界初の「無帯電塗装装置イオンマックス」は自動車メーカーにも採用

同社が開発した「イオンマックス」は装置内で電圧をかけて空気中の分子を分解し、電気的にプラスでもマイナスでもない状態をつくり出せる。このため、塗料が静電気を帯びずに噴射されるのでゴミ、チリの除去に止まらず、塗装が薄く、均一にでき、きれいで、簡単に仕上げることができる。さらにメッキ、真空蒸着などの代替にもなり得るような仕上がりが確保できるため、様々な用途への応用が考えられる。既に、高級乗用車の内装品工場でも使用されているほか、最近では海外への輸出も始めるなど高い評価を得ている。

寒冷地の雪対策や凍結防止にも貢献

現在同社は、塗装して専用のコントローラーを接続するだけで融雪用途などのための十分な熱量が得られるという「発熱塗料」を手がけている。含有物に人体や生物に有害な物を一切含まないことで環境に配慮しており、また、断線がなく、塗り直しが可能で、低消費電力といった優れた特徴がある。さらに、シート状の発熱モジュールと違い対象物の形を選ばないため、ロードヒーティング以外の用途にも応用が可能である。

「特殊工具・リコール対策部品の供給」で自動車メーカーに貢献

同社は、国内の主な自動車メーカー向けの特殊工具やリコール対策部品を製造・供給している。この分野は、一般的な量産品と違い、「少数・多品種・短納期」のものが多く企業努力が必要な分野であるが、これらのニーズに応える取り組みを行ってきており、自動車メーカーのモノづくりを陰で支えている。

無帯電塗装装置イオンマックス発熱塗料施工風景

このページの先頭へ