本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社スギムラ精工

印刷用PDF
2009年度・キラリ

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
杉村 博幸

塑性理論を駆使し「究極のせん断加工法」を開発

汎用プレス機を用いて破断面やダレ量が極めて少ない100%に近い良好なせん断面品質を得る「究極のせん断加工技術」を確立し、この技術を核に既存部品加工の改善(VA)提案による高効率のビジネスを展開。

「汎用プレス機を用いた厚板の精密せん断加工法」を開発・実用化

一般的に、破断のない良好な面粗度のせん断面を得る精密せん断加工には、専用プレス機の必要なファインブランキング工法が用いられているが、汎用プレス機を用いて、低コストで、且つ、ファインブランキング工法と同等もしくはそれ以上のせん断面品質を実現する加工技術を開発・実用化した。

課題を克服し「究極のせん断加工法」を開発・実用化

しかし、上記の精密せん断加工法では、ギヤ形状などの複雑形状部品の加工が困難であり、特にダレ量を極小に抑える対策が技術課題として残った。   そこで、さらなる金型の開発に取り組み、複雑形状部品でも100%に近い良好なせん断面で、ダレ量も極めて少なく(ギヤ形状でもダレ量は板厚の1/10程度)、また断面平坦度・形状精度が従来のせん断加工と比較して飛躍的に向上する「究極のせん断加工法」を確立した。

プレス加工に関するVA提案によるビジネス展開

同社では、このほか、上記せん断技術や板鍛造を含む厚板の複合加工技術の開発にも取り組んでおり、これらをVA提案してビジネスを展開している。同社の技術は、技術専門誌に幾度か紹介され、高い評価を得ている。

このページの先頭へ