本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社エイディーディー

印刷用PDF
2009年度・キラリ

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役社長
下田 一喜

半導体製造メーカーを裏で支えるオンリーワンの独自技術

日本の半導体製造装置の延命化のため、他では修理不可能な半導体製造装置周辺機器の修理を行い、コスト低減はもとより、省エネルギー化などの改造も行い環境問題に貢献。

半導体製造装置周辺機器の修理事業

同社は半導体製造装置メーカー向けのチラーユニットの製造販売を目的として設立したが、ITバブル不況の到来で方向転換、修理を手掛けるビジネスを展開している。   主力のチラーユニットについては修理以外に新規製品の設計、製造の独自ノウハウを持っており、省エネ対応への改造等の提案を行っている。

オンリーワン技術の開発

ADDではチラーユニットに使用されるコンプレッサーのノウハウをベースに、クライオポンプに使用されるHeコンプレッサーユニットの修理、改造に着目、4年前から技術開発を行ってきた。現在は国内外すべてのメーカーのHeコンプレッサーユニットの修理に対応が可能である。   このHeコンプレッサーユニットの修理、改造技術を基に超低温を作り出すことが可能なスターリング冷凍機の修理、改造を2007年10月から着手し、この修理によって得た技術を基に冷却能力500W級のスターリング冷凍機に取り組んでいる。

修理が完了したチラー

産学官連携による新事業の展開

現在、大手半導体製造メーカーとのネットワークの中で、今後非常に重要な技術になると言われているシリコンウエハの薄化やSiC等の研削に使用できる多結晶ダイヤモンドの実用化に向け、(独)産業技術総合研究所と連携して研究開発を行っている。   この技術も手掛けている企業はなく、ADDのオンリーワン技術として市場に投入することを目指している。

合成したダイヤモンド結晶

このページの先頭へ