本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社タニハタ

印刷用PDF
2009年度・キラリ

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役社長
谷端 信夫

高度な木工技術とインターネット活用で新しい「和」の需要を創造

  • 富山県富山市上赤江町1−7−3
  • 1998年(平成10年)設立
  • TEL 076-441-2820
  •  
  • http://www.tanihata.co.jp
飛鳥時代より続く伝統木工技術「組子」を活かし、現在の生活に合った欄間・間仕切り・引き戸などを開発・販売。インターネットを活用して日本にとどまらず世界に組子製品を納入している。

「組子引き戸」のインターネット販売が好評

職人でなければ販売(取り付け)することができなかった組子引き戸を個人の顧客でも設置できるように引き戸を開発。ホームページから注文を受け、2週間以内に商品を製作・発送する仕組みも構築。注文建具を住宅の一部材からインテリア商品へと変えることにより和建具の可能性を大きく広げた。

技術・デザイン・機能が融合した組子間仕切りの大ヒット

2001年に販売を開始した間仕切り「組子スクリーン」(2001年グッドデザイン受賞(商品デザイン部門)が2008年11月に累計販売3万枚を突破。和風、洋風にとらわれないシンプルなデザインと機能が業界に新しい風を吹き込んだ。

店舗用の間仕切りが好評

欄間の意匠は古くさい・・・和風建具は衰退産業である・・・そんな言葉を跳ね返すように全国の店舗で組子欄間が使われている。アパレルの店舗、和風スパゲティの店舗、オフィスの内装インテリアなど今まででは考えられない箇所に組子欄間が使用されている。

このページの先頭へ