本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


葛利毛織工業株式会社

印刷用PDF
2009年度・キラリ

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
葛谷 幸男

独特な手触り、肌触りを可能にする高級毛織物の老舗織物企業

  • 愛知県一宮市木曽川町玉ノ井字宮前1
  • 1949年(昭和24年)設立
  • TEL 0586-87-3323
  •  -->
低速回転の有杼織機「ションヘル織機」にこだわり、繊細な加工が可能で、独特な手触りと肌触りを表現できる尾州の高級毛織物の生産技術を頑なに守り続け、高級テーラーや海外ブランドから高い評価を得ている。

本物の味、高級毛織物へのこだわり

手触りと肌ざわりの良い、尾州の本物の毛織物を生産することにこだわり、繊維素材や織物に極力負荷を与えないよう織物を生産している。さらに、極細高級素材(super160's)やカシミアなど高級獣毛素材の繊細な素材の特性を損なわないよう、丁寧な織り方にも細心の注意を払って生産している。

原点回帰、基本の織る技術を頑なに守り通す

織機の原型である旧来型の「ションヘル織機」を大切に使いこなし、革新織機の1/5程度の1分当たり60〜80回転という非常にゆっくりとした速度で織物を織る。この利点は、低速運転のため、糸にかかる張力や筬打ちによる織物への衝撃力を軽減できるので、風合いの良い高級毛織物を織ることができる。この織機の保存と、織機を使いこなす技能の継承にも尽力している。

世界の有名ブランドや、国内の高級テーラーが羨望のまなざし

欧州の有名ブランドから高い評価を得て、織物を採用されている。また国内の高級テーラーでも採用されるなど、デザイン性や風合いなどが高く評価されている。

低速織機の「ションヘル織機」高級感あふれる毛織物

このページの先頭へ