本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社日吉屋

印刷用PDF
2009年度・キラリ

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
西堀 耕太郎

京和傘の技術を活かした 新型照明「KOTORI-古都里-」

  • 京都府京都市上京区寺之内通   堀川東入百々町546
  • 2003年(平成15年)設立
  • TEL 075-441-6644
  •  
  • http://www.wagasa.com/
グローバル老舗ベンチャーを目指し、「伝統」+「モダン・デザイン」の力で海外市場にも挑戦。

京都で唯1件の京和傘製造元

江戸時代後期創業で、現存する唯一の京和傘製造メーカー。   茶道家元御用達の高度な製造技術を継承してきたが、時代の変遷に伴い和傘業者は激減し、全国でも10軒あまりに減少した。こうした中、「伝統は革新の連続である」との理念の元、和傘の技術・意匠・構造と近代的なデザインを融合させた新たな商品の開発に取り組んでいる。

和風照明「KOTORI-古都里-」シリーズの開発

和傘の優れた点は、その繊細かつ幾何学的な竹骨の構造と、和傘の和紙を透過する光の美しさである。この良さを活かせる商品として、照明デザイナーと共に開発に取り組んだ結果、円筒形に開閉できる独自構造と美しい意匠を持つ斬新な照明器具の開発に至った。   同製品は、2007年グッドデザイン賞(中小企業長官賞)をはじめ、新日本様式百選にも選定され、またドイツのデザイン賞も受賞する等、そのデザイン性を認められ、国内海外で評判となっている。

HGペンダント「KOTORI」

様々なデザイナー達とのコラボレーション

国籍・業種を問わず様々なデザイナー達と可能性を検討し、京和傘の優れた点を活かした独創的かつ斬新なプロダクトを作りに取り組んでいる。   伝統的な京和傘づくりと、新たなプロダクトの製作は車の両輪であり、どちらかに偏る事無く、バランスを取りながら、今後も京和傘の可能性を追求して行く。

このページの先頭へ