本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


光電気通信システム有限会社

印刷用PDF
2009年度・キラリ

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
松本 俊次

水銀灯に変わるLED照明LEDスクエアライト

電気料金大幅削減。従来照明に比べ削減量、5分の1〜13分の1を達成。屋外照明(看板照明、駐車場照明、街灯など)、屋内照明(店舗、工場、冷蔵庫など)、水中照明などに利用可能。

次世代LED照明「LEDスクエアライト」

従来のLED照明で問題となっていた、高出力、配光性良さ、放熱性、消費電力、設置用途などの問題をクリアし、これまでLED照明ではできなかった水銀灯の代用として利用されている。消費電力は1台約20W、拡散方法に独自のオリジナル拡散方法を用い配光性を高めている。水銀灯の200〜300W相当に匹敵する。   1mでの照度、1200Lxを実現(LEDスクエアライト90度拡散タイプ)。

LEDスクエアライト生産体制

LEDスクエアライトは、設計・製造・組立・試験まで全て国内体制を確立している。   LED球も徳島県にある大手国内メーカー製のみを利用。6年間の設置実績と、世界遺産を初め、官公庁などに多数納入。
具体的な設置事例

具体的な設置事例

このページの先頭へ