本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社コーポレーションパールスター

印刷用PDF
2009年度・キラリ

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
新宅 悦雄

転倒予防靴下などの新商品開発による下請けからの脱却

産官学連携により高齢者の転倒事故対策として転倒予防靴下を開発、その他の新商品を加えて下請けから脱却し自主独立企業への道を拓く。

転倒予防靴下による高齢者の転倒事故対策

広島大学大学院保健学研究科浦辺教授との共同開発で、歩行中に足先が上がる転倒予防靴下を製品化。転倒予防靴下の特徴は、綿素材を主力にした足底部のあぜ編み編成で足底部と足甲部の伸び率の差異で得られる足趾伸展および足関節背屈効果により、(1)危険とされる0.5〜3cmの高さを通過して躓きによる転倒を防止、(2)体幹のバランス向上が可能なことである。

地域経済への貢献

靴下製造におけるミシン作業前工程の糸きり及び揃え作業、更に風呂掃除用と洗濯用の油分吸着ボール(品名:アカパックン、フロートクリアー)の加工を近隣4施設に作業依頼している。また、(独)産業技術総合研究所と共同開発したトイレ掃除が簡単にできる防汚材(品名:トイレのゆずちゃん)の特許実施権を施設に付与し、施設自ら製造販売を行なう事で自立支援事業の一端を担っている。

産学官連携による自社ブランドの構築

長年培ってきた開発力を基礎に、産学官連携により下請けからの脱却、そして自主独立企業への道を目指している。

このページの先頭へ