本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社香田製作所

印刷用PDF
2009年度・キラリ

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役社長
香田 和則

小物部品加工のエキスパートをめざす

  • 佐賀県佐賀市大和町158−1
  • 1948年(昭和23年)設立
  • TEL 0952-62-7500
  •  
  • http://www.kodass.com
φ1〜φ65までの棒材を、材質は樹脂から金属など、特にステンレスや難削材を得意とし、高精度で高品質な旋削複合加工部品をタイムリーに供給。

一貫したポリシー

創業より60年、時代の最先端を行くものづくりを支える部品工場として、重電・弱電機器、自動車、産業用機械、半導体製造装置、医療機器などの多種多様な業界に部品を供給。昨今のCAD/CAMとマシンに任せた加工方法だけではなく、長年培ってきた最高の切削加工技術で、「出来栄えの品質」、「作り込みの品質」をモットーに、顧客の要望を具体化し、提案の出来る企業を目指して挑戦している。

生産設備の能力を最大限に生かす

複合加工機を主力として特化し、φ1以下の極小径の部品から手の平ぐらいの製品に関しては、多品種少ロットに対応が可能である。斜めの面や穴加工など複雑で高い精度が要求される物でも、ジャストインで供給する体制で高い評価を得ている。また、研究開発品などの試作から量産まで、求められる以上の技術力で望むことで、必要とされる企業を目指している。

生産プロセスと人材育成

工場内には複合加工機を積極的に導入し、工程を集約し生産することを前提としている。そのため、50台あまりの機械をネットワーク化し、生産管理システムなどと連携することでオペレーターに多くの情報を提供している。オペレーター教育も、数十台の機械をグループ化して、他のグループの担当者が操作ができるようになることで、より変化していく受注環境に対応が出来るように進めている。

このページの先頭へ