本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


有限会社バンショップ・ミカミ

印刷用PDF
2009年度・キラリ

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
見上 喜美雄

軽キャンピングカーという新市場の創造に成功

  • 鹿児島県曾於市財部町下財部5461-4
  • 1999年(平成11年)設立
  • TEL 0986-72-3428
  • http://www.vs-mikami.com
ユーザー目線で、従来のキャンピングカーの概念を覆す。

顧客の夢に応えたい

近年の「安・近・短」のトレンドもあり、キャンピングカーの購入希望層は国内でも着実に広がりをみせているが、実際の登録台数は全国でも5万台にとどまる。
 その背景としては、キャンピングカーが『2台目』での購入となる点が大きい。実際、通勤やスーパーでの買い物に大型のキャンピングカーを利用することは、我が国では現実的でない。諸税の負担や燃料費などの維持費に加え、都市部では駐車場の確保も容易ではない。
 「キャンピングカーが欲しいけど…」という顧客の声をニーズと捉えた同社社長は、軽自動車をベースに開発をスタート。斬新なコンセプトと、実用性・経済性・デザイン性を軽自動車の規格内で融合させた点が評価され、2005年の発売当初から注目を浴びる。同業者の参入も相次いでおり「軽キャンピングカー」という新市場の創出者として確固たる地位を築いている。


徹底的なユーザー目線で「日常」と「週末」を両立

開発コンセプトは、徹底したユーザー目線だ。
 試行錯誤を重ねて車高を2m以下に抑え、燃費向上のためにアルミ材を使い、内装は近隣の木材加工業者に外注して質感を高めるなどの工夫を重ねた。さらに、一台目としての購入層を意識して、デザインにもこだわり、豊富なカラーバリエーションを準備した。
 その結果、燃費や諸経費、駐車場、とりまわしの良さなど軽自動車としてのメリットを充分に維持しつつ、家族でのキャンプ利用に必要充分な居住環境を実現。その上で、車両価格も低価格を実現 。ユーザーから高い支持を得ている。



このページの先頭へ