本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社アート科学

印刷用PDF
2008年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
佐藤 栄作

セラミックスナノシートの量産化を世界で初めて確立

セラミック製ナノシートを安定して簡単に高速量産製造する技術を確立。これにより積層セラミックコンデンサーの小型大容量化を始め、高性能光触媒、色素増感太陽電池電極など高機能材料開発を強力にサポートする。

研究サポート用形態制御セラミックス供給センターを目指す

最先端の研究に必要とされる研究サポート用形態制御セラミックスの安定供給を行い、国内の先端研究機関を強力にサポート。同社では研究開発からもの作りまで、社内で一貫した受注体制を構築することで、原子力関連施設など国内の研究機関のニーズに応じた迅速かつ高度な研究用機器・設備を提供。

チタニア球状多孔質体とこれを利用した流動層型光触媒水質浄化システム用モジュール

小型化・大容量化が進む半導体メーカーに朗報

セラミックスの前駆体である無機高分子を、水面上でゲル状の膜にしたあと熱処理することで、セラミックスナノシートの製造に成功した。50〜1000nmで厚みを制御したナノシートの量産化を実現し、複合酸化物や窒化物、炭化物、金属系のナノシート製造も可能となった。材料の耐摩耗性を高めたり、電導性や絶縁性を持たせるなど、半導体から家電製品に幅広く使用される高機能電子デバイスの開発への応用などが期待される。

セラミックスナノシート

宇宙材料の軽量化にも大きく貢献

同社の供給する機能性材料の一つに超耐熱性セラミックスがある。優れた機械的特性、耐酸化性から宇宙材料などへの応用が期待されている。特に、前駆体無機高分子を含浸焼成する方法によりSiC繊維強化SiC複合材料を製造できるのは日本で同社しかない。スペースシャトルの超耐熱防御システムや小型衛星の姿勢制御スラスタなどに応用することで材料の軽量化にも大きく貢献することが期待され、自動車産業などへの展開も期待されている。

SiC/SiC複合材料の断面(左)と燃焼試験中の姿勢制御スラスタ(上)

このページの先頭へ