本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社協立製作所

印刷用PDF
2008年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役社長
高橋 日出男

世界品質レベルで高いシェアを誇る産業用油圧機器部品メーカー

工作機械や建設機械に使用される油圧機器部品を高精度・高品質・低価格で提供。世界品質の油圧機器用部品(スプール)で国内の6割(世界の4割)を制覇。

超精密加工による油圧機器製造

同社は工具研削の専門業者としてスタートし、創業当時から積み上げてきた技術を基に、現在は建設機械、農業機械、射出成形機などに取り付けてはじめて機能を発揮する油圧機器という産業を下支えする製品を製造している。国内工場では高精度の部品を、上海の工場では比較的低い精度の部品を生産、さらに、上海で生産した部品をユニット部品の一部として輸入するなど、合理的かつ機能的な生産分担を実施しており、精度・コスト面での競争力アップに努めている。

高い世界シェアを誇る建設用油圧機器部品

建設用油圧機械部品、ユニット部品、さらに自社製品である研削盤用アタッチメントなどを生産し、特に同社製のスプール(油の流れ方向制御部品)のシェアは国産の建設用油圧機器の約6割(世界の約4割)、同じく高所作業者用コントロールバルブは国内用で約2割を占めている。

一貫した製造技術

油圧機器部品の製造工程は原料の切削、浸炭・焼入れなどの熱処理、ミクロン単位の精度が要求される研削、組立、塗装、性能検査まで多岐にわたっている。これら全て自社で保有している技術でオリジナルの生産設備を開発し、機械加工から組立まで一貫生産している。 また、同社は品質保証の国際規格ISO9001およびISO14001を取得しており、これらが相まって製品の精度・品質・価格などの面が競争力の原点になっている。

スプールキットポンプ

このページの先頭へ