本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社チャレンヂ

印刷用PDF
2008年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
中村 敬佳

量産実績のある唯一のカーボンメーカー

熟練した技術者と最新の技術設備を融合させて、カーボンの未来を創り出す。

高品質なカーボンコンポジットと量産技術を実現するカーボンメーカー

航空機、鉄道車両、自動車などの各パーツの素材は、軽量化、強度などを求め、カーボンを採用する傾向にあるが、カーボンコンポジットは作業者が一つひとつ手作業で成形するため、量産が非常に困難とされていた。同社ではカーボンの需要の高まりに応えるため、量産技術を独自に開発し、生産体制を確立した。モータースポーツで培った経験と技術力を生かした高品質なカーボンコンポジット生産と量産対応できるカーボンメーカーとして、その名を知られる存在である。

航空機での安全とエコを両立

航空機のシートには、万一の場合でも乗客の安全が確保できるよう、動的加重16Gの衝撃にも耐えられる性能を米国連邦航空局(FAA)の安全基準では求めている。同社では、カーボンファイバー難燃素材で、この安全基準をクリアするシートの開発に成功。従来比1/4の重量で機体の軽量化を実現し、燃料の効率化といったエコロジーの面でも貢献している。

新幹線への取り組み

新しい新幹線N700系の先頭形状「エアロダブルウイング」は、空気抵抗、乗り心地、省エネを追究し考えられたデザイン。モータースポーツで培われた同社のカーボン技術と5,000回以上のシミュレーションにより、「軽く」「強く」「正確な」新幹線の新しい「顔」が誕生した。

N700系の先頭形状「エアロダブルウイング」N700系の連結部分

このページの先頭へ