本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社都ローラー工業

印刷用PDF
2008年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役社長
町田 憲重

我が国の電子部品産業を支える特殊ロールメーカー

創業以来蓄積した印刷用ロールの製造技術を生かし、プリント基板用レジストロールでは国内シェア60%以上を占め、電子部材製造に不可欠な工業用特殊ロールで我が国の産業を支えている。

ますます高度化する電子部品の製造に不可欠な特殊ロールの専門メーカー

オフセット印刷機や包装機械、プリント基板製造工程などの各種生産ラインでは、部材を搬送するなどのローラーが不可欠。同社では、搬送用ロールをはじめ、より高機能なレジスト塗布用ロール、水切りスポンジロール、表面の除塵ロールなどの工業用ロールから、フッ素コート、非粘着コート、ナノコート加工などの特殊コーティング分野までユーザーニーズに合わせた幅広い特殊ロールを製造している。

独自の技術により塗装膜厚を自在に制御

液晶パネル製造用・プリント基板レジスト塗布などの薄膜コーディングにおいては、ミクロン単位の膜厚制御が必要であるが、同社が独自の技術で開発した高性能ゴムロールは、目的とする膜厚に合わせ、溝加工の山幅、ピッチ、深さをミクロン単位で加工し、同時にCCDカメラを用いた独自の検査・評価体制を実現。正確に溝断面積を加工することで塗膜厚の設計が容易になり、1.2ミクロンの設定膜厚に対して誤差3%の塗布を実現した。

軽くてたわまない中型ロールで業界をリード

近年、フィルム・紙加工生産分野の薄物化・高速化に伴い、ロールの軽量化かつ幅広でたわみを押さえるニーズが高まっている。同社はこれらに対応するため、アルミより軽く鉄よりたわまない炭素繊維強化プラスチックを素材としたカーボンロールを独自に開発、全長が3mを超える特殊ロールも実現可能となった。

カーボンロール

このページの先頭へ