本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


有限会社スタックス

印刷用PDF
2008年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表者
目黒 陽造

コンデンサ・イヤースピーカーで世界随一

  • 埼玉県入間郡三芳町竹間沢東7-1
  • 1938年(昭和13年)設立
  • TEL 049-258-2660
  • http://www.stax.co.jp/
1960年、コンデンサー型ヘッドフォン(イヤースピーカー)発売以降、コンデンサー型にこだわり続け、世界の市場で評価を確立。

コンデンサスピーカーのトップメーカー

コンデンサスピーカーは別名静電式スピーカーとも呼ばれ、一般のスピーカーに使用されている磁石やコイルの代わりに、2枚の固定電極板の間に振動膜を張った3層構造になっている。振動膜に数百ボルトの高い電圧をかけておき、前後の電極板への電圧を変化させると、静電気で髪の毛が下敷きにくっつく要領で、振動膜が一方に引っ張られる。この原理で振動膜を前後にふるわせることで、素直で繊細な音が作り出される。同社は、純粋なコンデンサスピーカーの専門メーカーとして、音質にこだわるオーディオファンを魅了し続け、国内はもとより、世界的にもよく知られた存在となっている 。

イヤースピーカーへのこだわりで世界市場を独占

あらゆるAVデバイスが平面化する中で、スピーカーだけが取り残されているが、同社の技術は、機材の存在を感じさせない演奏の再現を求めるユーザーのニーズを満たしている。同社が90年頃まで販売していたフルレンジの平面スピーカー(大型)は現在も中古市場で取引されている。近年は、小型化の技術を磨き上げ、2万円台の普及価格からあるヘッドフォン(イヤースピーカー)でコンデンサ型ヘッドフォンの市場をほぼ独占している。

フルレンジスピーカー(生産終了)イヤースピーカー・システム高級イヤースピーカー

このページの先頭へ