本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社オリエンタル工芸社

印刷用PDF
2008年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
杉本 亨

独自の開発力によるエレベーター操作盤の開発

エレベーター操作盤にLEDを使用した製品を我が国で初めて開発。

エレベーター

エレベーターを使用する際、必ず触れることとなるボタン部分、このボタン部分を含む操作盤の開発を手がける。エレベーター用部品の部門において、独自の開発力を武器に中小企業ながら我が国のトップメーカーのひとつに数えられている。今では触ると光るのが当たり前のボタン、これを当たり前にしたのも、同社の努力が大きく貢献している。

LEDの活用

時代が平成になった頃、青色の発明で話題になっていたLEDに着目、エレベーターの操作盤への使用の研究を重ね、平成2年に我が国ではじめて製品化に成功した。この製品は実用新案も取得し、現在同社において一番のヒット作となっている。

だれにでも優しい製品を

現在は、高齢者や障害者に優しい大きくて見やすいボタンなど、ユニバーサルデザインの製品開発にも力を入れている。同社のこうした姿勢は大きく評価され、中部国際空港(セントレア)におけるエレベーターにも同社製品が採用されている。今後も、常に新しい発想で製品開発に取り組み、よりよいエレベーターづくりに貢献することを目指すメーカーである。

エレベーター用当社オリジナル操作ボタン

このページの先頭へ