本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社ナガセ

印刷用PDF
2008年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
長瀬 透

ロケット部品から鍋まで造る職人技が光る「へら絞り」のリーディンカンパニー

機械では決して作り得ない匠の「技」。技術の高さは、職人の勘とその経験による「技」がすべて。昭和20年の創業以来、一貫して「ヘラ絞り」技術を磨き、不可能を可能にチャレンジしている。

軸対象の製品ならば何でも加工

「ヘラ絞り」の最大の特徴は、軸対象の製品ならば何でも加工できること。プレス加工で不可能な複雑形状も一工程で加工が可能であることに大きな利点がある。  金型の低コスト化(雌型が不要)、大型製品(ロケット部品)の加工が可能など利点が多く、ヘラ絞り技術が様々な分野で不可欠となっている。

少ない初期投資で製作が可能に

雄型1個あれば、後は「ヘラ絞り」加工。初期投資が安く出来ることや、機械加工で困難な薄肉のパイプ形状の製作が可能となっており、プレス、切削など他の加工方法では出来ない「ヘラ絞り」の特徴がある。 同社は、ロケット部品、真空装置試作から日用品の量産まで対応できる総合的受注生産工場としての体制を確立している。

職人によるへら絞り

職人技の伝承と、ソフト化により高い技術力を維持

「へラ絞り」という特殊技術を根底としながら、省力化機器の導入も積極的に行ない、手法技術(職人技)とNCソフト、機械技術のドッキングによる品質のさらなる向上を目指し、自動ヘラ絞り機を導入し、高い技術水準の維持を図っている。

加工例・真空装置部品VF-T1500スピニングマシン

このページの先頭へ