本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社南雲製作所

印刷用PDF
2008年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
南雲 信介

業界トップクラスの超精密金型加工関連技術で、先端・超精密加工部品を提供する開発型企業

自動車、半導体メーカー等に超精密金型加工部品を提供し、顧客から高い技術的評価を確立しているオンリーワン企業。

「高度な技術で業界をリード」

同社は高度な超精密金型加工関連技術を有し、同社の持つ自動車部品・半導体部品・超精密樹脂成型金型等の加工技術は業界で高い評価を得ている。同社の技術を活用しないと多くの先端開発商品は出来ない。歴史のある会社であるが、新規開発事業を積極的に取り組む研究開発型企業として成長を図る。

「自動車エンジン機能部品の大量生産に成功」

同社では、自動車エンジンの機能部品であるオイルリングスペーサーを製造している。このリングには、独自の金型技術・装置技術・制御技術が結集されている。これらの高度な複合技術で、複雑な工程を1台のプレス装置で一貫生産出来る画期的な特殊精密プレスシステムを開発し、月産100万本という大量生産に成功する。これは、4気筒エンジンの自動車に換算すると25万台に相当し日本の自動車業界の国際競争力に大きく貢献している。

「半導体精密金型部品でオンリーワン技術を確立」

半導体に供されるリードフレーム打ち抜き金型、封止金型、タイバーカット金型などの精密金型の設計製作、更に、絞り金型、ファインブランキング金型、電子材料用極薄フィルム打ち抜き金型等、超高精度が要求される金型分野を含めてオンリーワン技術を確立している。

「コア技術を総結集し省力化自動機分野で高評価を確立」

精密機械加工技術、制御回路技術、金型設計技術等のコア技術を複合的に応用し「光学フィルム貼合機」「電子部品搬送装置」等の自動機を開発・製造・販売を行い、各業界で高く評価されている。

「研究開発を積極的に推進する開発型企業」

顧客ニーズ、技術進化を先取りした研究開発を積極的に推進する開発型企業として業界で高い地位を築いている。

このページの先頭へ