本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社米谷製作所

印刷用PDF
2008年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役社長
米谷 強

世界の鋳造に貢献する金型先進技術

鋳造に関するあらゆる設備を有し、解析から試作加工まで一貫したものづくりをサポート。国内の大手自動車メーカーへ鋳造・ダイキャスト金型を供給。

鋳造・ダイキャスト金型技術で高い評価

大手自動車メーカーの鋳造・ダイキャスト金型などの製作を行っており、全国的にもその技術水準の高さが評価されている企業である。自社に低圧鋳造機、ダイキャストマシン等、取引メーカーと同等の試作機を保有しており、成型条件も最適化することにより、メーカーでの立ち上げ時間の短縮に貢献している。独自の金型開発力を有することから、取引先の良き開発パートナーという立場を確立している。

大手自動車メーカーも唸る金型解析技術で超短納期化を実現

エンジンのシリンダーヘッドやブロック製造等で利用される鋳造法は、溶融した金属を金型に注入する加工法であり、高品質な鋳造品を製造するためには金型の隅々まで金属をスムーズに行き渡らせる必要がある。同社では、高度なシミュレーション技術を駆使して金属の流れの状態をコンピュータ上で再現することで最適な金型設計を可能とし、金型設計における手戻り(製造不良による設計のやり直し)の低減と超短納期を実現している。

ナレッジデータベースの構築で先進的金型設計システムを構築

同社では、作業手順書、仕様書やマニュアル、過去の実験データ、社内改善事例といった金型製作に必要なすべての情報のデータベース化を図ることにより、設計段階から各種情報を迅速に検索・閲覧できるようなシステムを構築した。その結果、設計の品質向上と迅速化、不良率の大幅低減を実現した。

精密鋳造品(エンジンブロック)鋳造欠陥の解析

このページの先頭へ