本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


マルスン株式会社

印刷用PDF
2008年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
鈴木 光一

世界の自動車メーカーにボディ用金型を供給

ボディーサイド、フロントフェンダー等自動車ボディ用金型の設計・製造を行い国内・欧米等世界の自動車メーカーに金型を供給。

ユーザーからのハイレベルな要求に応える金型製造

ユーザーのライン工程を熟知するとともに、最新のコンピュータ技術を駆使し、自由曲面など様々なファクターをデータ化、3次元のラインを自由に描き、オペレーターがその線を寸分の狂いなくトレース。これにより高品質、高精度な金型を製造している。

新技術の開発と社員のレベルアップ及び女性社員の活躍

グループ内に、技術開発、情報通信、社員教育の3点を目的として、テクニカルセンターを設置し、以下のような取り組みを実施している。  これまで蓄積されたノウハウからアイデアを生み出し、その実現化に向けたCAD/CAMによる対応等の技術開発を実施。  より正確な処理、より迅速な作業を進めるための情報を通信回線により点在する各工場に送り出し、製造工程における効率化を促進。  各工場から毎年数名を教育・指導し、各工場にフィードバックすることにより、社員のレベルを向上。  また、女性社員の採用にも力をいれ、金型の仕上げ工程を行った女性がそのままユーザーへの納品に赴くなど活躍。

様々な金型の提供や金型以外の分野への進出

上記のような技術、ノウハウは、自動車ボディの金型以外にも建設機械、パラボナアンテナなど多分野の金型設計・製造に活用されるほか、航空宇宙用部品など金型以外の超高精度を要求される製品の切削分野にも応用されている。

このページの先頭へ