本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


三芝硝材株式会社

印刷用PDF
2008年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
西 英夫

独自の技術で床材向けデザインガラスを開発建築材の新規市場創出

床や階段向けに滑りにくい特殊加工の合わせガラスを開発し、東京駅銀の鈴ひろばの床の地図柄など大型建築・公共空間を斬新にデザイン。光を駆使し建築材に新しい分野を開拓。

滑らないガラスを開発、床下からのライトアップで美しい光床を実現

ガラスの表面に微粒ガラスを融着し、人間工学に基づく適度な抵抗値を持たせ、歩きやすく滑りにくいガラス表面を実現。合わせガラスの特性により飛散防止、耐久性に優れた新しい建材として急速に普及。  東京駅銀の鈴広場、国立科学博物館新館にも採用。

日本最大の製造設備で大板合わせガラス製造

合わせガラスを加圧接着するオートクレープ。日本最大で、3000mm×12000mmの大板合わせガラスの製造が可能。建築デザインの表現を大きく広げ新規市場を創出。

日本最大規模のオートクレープ

伝統産業とのコラボレーションで新製品開発

高岡は銅器・漆器の伝統的工芸品産地。合わせガラスの中間膜を漆加工するなど積極的な製品開発で躍進。

東京駅 銀の鈴ひろば国立科学博物館 新館

このページの先頭へ