本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


速水発条株式会社

印刷用PDF
2008年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
飯田 和正

独自の生産設備を駆使しシートベルト用ぜんまいのトップメーカー

自動車のシートベルト巻取り用ぜんまいを高品質低価格で製造。自動車メーカー各社で採用され国内ではトップ(世界では2位)のシェア。

自社開発の生産技術でシートベルトリトラクター用ぜんまいを製造

自動車の重要保安部品として使用される為に高品質(高精度、高耐久)を要求される一方、シートベルトの快適性が重視され圧迫感の無いフラットなトルク特性が要求されるぜんまい。自社開発した製造設備を駆使し板厚が薄い材料を使用し強度を高めるなど随所に工夫を施している。

確かな技術と柔軟性、常に時代の需要に合わせた幅広い種類の製品を創造

創業当時は柱時計のぜんまいを製造、昭和30年代は扇風機など電化製品のタイマー、コード巻取り器などに使用され、昭和50年代にはスクーターや自動車部品に使われた。現在は、シートベルトリトラクター用ぜんまいのほか、重量物の操作力を軽減させるバランサー用、汎用エンジンを始動させるリコイル・スターター用等のぜんまいを生産している。世界シェアが伸びるなか近年は中国へ進出。

最大の強みは製造する機械も自社開発できること

製品の強度を測る計測器や不良品を見つけ出すコンピュータシステムも自社開発。さらに、力学や材料工学を駆使したシミュレータを独自開発し、より精度の高い製品設計を可能にしている。

このページの先頭へ