本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社サン・アロイ

印刷用PDF
2008年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
宗行 伸一郎

一貫体制の品質管理で鍛造金型用素材を生産

  • 石川県羽咋郡志賀町若葉台26
  • 1984年(昭和59年)設立
  • TEL 0767-38-1041
自動車部品などを作る超硬合金鍛造金型用素材ではトップシェア。

材料の混合から成形、焼結、出荷まで徹底した一貫体制の品質管理でユーザーニーズに対応

自動車部品などを製造する超硬合金鍛造金型用素材を製造しており、国内ではトップクラスのシェア。厳選された粉末原料を使用し、混合、成形、焼結、出荷に至るまで一貫体制で行い、品質・納期・コストなどの細かなユーザーニーズに対応している。

ユーザーが求める品質の多様化にも対応

鍛造用金型素材には、耐摩耗性や耐衝撃性が求められるため、タングステンカーバイト(WC)やコバルト(Co)などのレアメタルを加えて強度、硬度を強化しているが、最近では圧縮強度や耐食性といった品質も求められており、これらに対応した材料も開発している。

脱レアメタルの新素材・高機能合金に向けてさらなる技術開発

金型の耐熱性や高硬度を付与するためレアメタルを多用することになるが、近年レアメタルの価格は急騰しており、それらに代わる新素材が求められている。同社では脱レアメタルの新素材の開発や、高機能合金、長寿命で低コスト金型などの開発を県の工業試験場や大学と共同で取り組んでいる。

鍛造金型用素材真空加圧焼結炉

このページの先頭へ