本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


アピ株式会社

印刷用PDF
2008年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役社長
野々垣 孝彦

養蜂業をリードする健康生活クリエーター

養蜂業から健康補助食品、飲料原料、医薬品の受託製造まで食・薬・農を通じて人々の健康生活へ貢献する蜂産品・健康補助食品(サプリメント)メーカーとして、健康生活をクリエイト。

創業明治40年から続く伝統の養蜂業

100年続く養蜂業を守りつつ、全国の養蜂家にミツバチの巣の土台となる「巣礎」の製造も手掛け安心・安全な作物栽培に貢献している。農業生産者の方々への花粉交配用ミツバチの提供をはじめ、養蜂器具の製造、蜜蜂の購入等を通じて養蜂家の方々へのサポートも行なっている。

健康補助食品、飲料原料、医薬品製造への展開

1日10万本もの製造が可能なドリンクをはじめ、ソフト&ハードカプセル、錠剤、顆粒等の様々な健康補助食品を製造している。健康・美容機能を追求した飲料原料事業や注射用製剤に特化した医薬品事業も手掛け、人々の健康に貢献し続けている。ウラのヒットメーカーとして大ヒット商品を次々に開発するOEMメーカーとして展開しており、自社内に独立した研究機関を備えている。

商品開発を支える研究開発部門

新商品開発を支える「アピ長良川リサーチセンター」では、健康食品素材の開発を初め、天然物の基礎研究、食品の有用性と安全性を追及すべく、バイオ研究、薬効や機能効果に関する有効性や安全性のチェック、特定保健用食品の研究・開発など最先端の研究が進められています。またマーケティングから商品企画、研究開発、生産迄を一貫して行う大手企業のブレーンとして、事業領域を拡大している。

特定保健用食品ステイバランスRJ養蜂器具

このページの先頭へ