本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


長谷川刃物株式会社

印刷用PDF
2008年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役社長
長谷川 勝彦

「使う人すべてにやさしいハサミ」の実現に向けて

関の刃物の機能性に遊び心とデザイン性を加えた、使って楽しく、人と環境にやさしいものづくり。

ハサミの専門メーカー

長谷川刃物は創業以来、ハサミの専門メーカーとして「人と自然にやさしいものづくり」をテーマに、常にユーザーの立場に立って新しい価値のある商品を創造し、お客様に提供してきた。

使う人にやさしいハサミ

長谷川刃物はハサミの品質を左右する「調整」技術に優れ、抜群の切れ味を基本品質としながら、社会のニーズを敏感に反映したユニバーサルデザイン、リサイクル関連商品に早くから取り組み、誰もが安全に楽しく使える商品を生み出し続けてきた。 カスタネットハサミ(Casta)は、従来のハサミのイメージを一新する商品で、高く評価されている。

実用性・安全性・デザイン

刃物としての実用性「切れ味」と、相反する「安全性」を同時に実現し、誰もが簡単に使え、見た目も楽しく、インテリアとしても馴染むデザインの商品アイテムを揃え、刃物のイメージを一新した。インテリア雑貨として、新たなブランド(HARAC)での新市場の開拓を目指している。ユニバーサルデザインや環境・リサイクルにいち早く取り組み、特に刃物リサイクル活動は関の刃物業界のイメージを向上させる事業として力を入れている。

このページの先頭へ