本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


クロタ精工株式会社

印刷用PDF
2008年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
鈴木 輝彦

高品質を追求した自動車鋳物用中子

一般自動車鋳物用中子の製造から最先端のレーシングカー向けエンジン用中子の開発など高度な品質と技術力。

空間の追求

同社は、鋳物の空間部分を形成する中子の品質を極める哲学として「空間の追求」を企業理念とし、経営者の高いマネジメント力と相まって、現場は自己の啓発の場であるとの認識が高く、客先第一主義に徹している。  伝統的な技術を基に職人の経験値を積み上げた技と知恵に加え、設備改善やIT技術を駆使した自動化技術による付加価値の高い製品作りを行っている。複雑な形状の鋳物用中子製造を得意としており重量1〜3kg程度の中子を中心に生産量は 1200トン/月で国内トップクラスを誇っている。  また、レーシングカー用の超精密部品も取り扱う高い技術を有する鋳物用シェル中子の専業メーカーである。

他社では真似のできない独自の強み

同社は、超薄肉中子の製造技術、キャビティ(金型内部の空間)の高寸法精度維持技術、中子の自動組み付け装置開発、自動検査装置、超精密中子自動バリ取り装置の開発に強みを持ち、伝統的な技術を受け継ぎながら、独自の新技術の開発に挑戦し続けている。時代と共に高度化、複雑化し続ける自動車部品のニーズに対しても的確に対応するノウハウを有しており、自動車関連技術の最高峰となるモータースポーツ部品中子の開発も行っている。

同社全景バリ取りの様子自動組み付けの様子

自動車部品各種、水機材愛知ブランド及びISO、JIS認定

このページの先頭へ