本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


玉野化成株式会社

印刷用PDF
2008年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
玉野 直樹

自動車使用部品、高精度加工やスーパーエンプラ加工品、一般成形品などを製造

高性能樹脂を主体に自動車部品などを製造。自動車用ウォッシャーノズルは国内シェア70%以上、世界シェア20%以上(同社推定)を誇る。

高度な技術で自動車産業界の信頼に応えるウォッシャーノズル

精密成形部品を専門として、高性能樹脂を主体に自動車部品、OA用精密部品などを流動解析、製造、組立て、検査まで一貫して行っており、特に、自動車用のウォッシャーノズルは国内シェア70%以上、世界シェア20%以上を占める。

性能性と外観性(デザイン)を両立

自動車用ウォッシャーノズルは、極端に偏肉しており樹脂成形の基本デザインからかけ離れているため非常に難易度が高い成形品である。機能性と外観性の要望に対して、同社は、蓄積した金型、成形技術のノウハウや、高度な画像処理を併用した噴射性能検査などにより品質とデザインの両立を実現。ドライバーの安全確保の立場から開発した拡散ノズルは現在、最新車種に採用され注目を集めている。  出荷実績は、世界トップクラスの月産270万個に達する。

総合力で取引先の省工程化を支援

同社は、自動車分野以外の成型品も製造し、取引先の幅広い要請に対応した成形部品の提供も手がけているが、その製品の多くは、成形パーツにとどまらず複数のパーツによって構成されている。各パーツは、一括管理による生産体制のもと、成形以降の表面処理・切削加工・接合処理・組立て等を行っており、取引先の省工程化を高度に支援している。

このページの先頭へ