本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


メテック北村株式会社

印刷用PDF
2008年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
北村 隆幸

ミクロの世界を拓く独創的めっき技術を求めて

  • 京都府京都市南区上鳥羽藁田町一番地
  • 1950年(昭和25年)設立
  • TEL 075-661-4900
  • http://www.metek.co.jp
表面処理技術のプロフェッショナル・カンパニーとして総合的なノウハウを提供する「メテック北村流」提案型営業を実践。

90年の経験とグローバル展開

同社は創業者北村和造が1918年京都三条河原町で創業。創業時より、めっき加工を主たる業務としてきた。 1970年からは地方工場を建設し、北海道から鹿児島まで国内5拠点を設けている。海外進出は1978年シンガポールで現地法人を設立し、以降マレーシア、タイにも海外拠点を設けてグローバルに展開中である。

独自の提案型営業

同社はあらゆる表面処理技術のプロフェッショナル・カンパニーとして総合的なノウハウを提供する独自の提案型営業を実践している。  とりわけフープ材の全面・部分・先端めっきを得意としている。またラインの自社設計によって様々な工程が可能となることが利点となっている。新たな技術的取り組みでは、簡易マスクによる超短納期部分めっき試作法、無機不導体材料へのめっき法、粉体めっき法の研究開発等を進めている。

環境に配慮した取り組み

現在プラスチック樹脂は、一般的にはクロム酸を使用して表面改質を行った後無電解めっき加工を行っているが、環境への配慮から六価クロムを使用しないプラスチック樹脂へのめっき方法を開発中。鉛フリー・六価クロムフリー等の環境に配慮したプロセスづくりに取り組む他、ガスエンジンを利用した自家発電と廃熱利用の加温システム採用等環境負荷低減への努力を継続している。

簡易マスクめっき粉体へのめっき 左からNi、Au、Ag、Cu、Sn

このページの先頭へ