本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


リヒト精光株式会社

印刷用PDF
2008年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
竹居 正実

真空熱処理炉の製造システムを開発

焼入れ時の冷却スピードを高めた真空熱処理炉の開発に成功、金型や機械部品の高精度、高寿命化を実現。

高精度・耐久性の高い真空熱処理

同社は、1967年ペーパードリルの製造を機に真空熱処理炉を導入し、受託加工事業を始める。鋼の熱処理において、焼入れ時の冷却スピードを高めた真空熱処理炉の開発に成功し、金型や機械部品の高精度、高寿命化を実現した。  現在、特にダイカスト金型への焼入れでは、顧客からの高い評価、信頼を得ている。

高性能・高効率の真空熱処理炉

同社は、高品質で高付加価値な金型や機械部品を熱処理するため、自社工場で真空熱処理炉を製造するシステムを確立した。その独創的発想は、チタン製大型冷却ファンをディーゼルエンジン駆動にするなど、革新的な真空炉の開発に成功し、数々の特許を取得。  また、 EPMA分析装置、X線回折分析装置や大型ビッカース硬度計などを駆使して、高度化するユーザー要求にいち早く対応する分析体制を実現している。

環境に配慮した熱処理システム作り

地球環境への配慮が不可欠な今日、熱処理設備の中でも、環境に優しいとされる真空熱処理設備を、エネルギー効率の向上のため電気、ガス、油などの使用方法を見直すことで、更に環境に配慮したシステム作りの開発に積極的に取り組んでいる。

このページの先頭へ