本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


レッキス工業株式会社

印刷用PDF
2008年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役社長
宮川 恭一

配管機械工具のパイオニア

高い技術力、高品質を維持しつつ、「地球にやさしい商品開発」をテーマとした環境機器事業にも取り組んでいる。

ワーキング・アメニティ(作業環境にやさしい)創造企業

同社は、1925年創業者が当時海外品に頼っていた輸入工具の国産化を目指し、前身の宮川工具研究所を創業。手回しグラインダー、ガソリン用トーチランプを国産化した。特にオスター型パイプねじ切り機においては、早くから国産化に成功した。以来、配管用機械工具のパイオニアとして歩んでいる。

高い技術力そして高品質製造を維持

人と機械の調和が達成された、心の通った製品の「生造」を目指し、主力製品であるパイプマシン(ねじ切り機)とチェーザ(刃物)を一対にして生産することにより、高品質な製品をつくることを可能とした。また、効率化・省人化・コストダウンを実現するためにENSYS(生産管理システム)を構築し、日頃よりユーザーの要望に応える努力を続け、平成18年東大阪モノづくり大賞金賞を受賞した。

転造ねじ加工、そして樹脂管接続へ

耐震性、耐久性、環境性に優れている転造ねじ加工製品や耐震性を考慮したポリエチレン管(樹脂管)を融着するEFコントローラー等、配管用機械工具で培ったノウハウを生かし、さらなる事業展開を目指す。

このページの先頭へ