本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社二上鉄工所

印刷用PDF
2008年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役社長
二上 純一

紙器・紙工業界向けの多数の省力化機械を開発

全て独自技術による開発型機械生産で、製箱機、紙貼合機は50%を超える国内シェア。

独自技術開発機による豊富なバリエーション

同社はパッケージや紙の加工機を、全て独自の技術で多数開発してきた。パッケージ製造機においては、ボール紙・段ボール・加熱成型トレー他、紙貼合機においてはあらゆる接着剤に対応できるよう、数十種類のアイテムがある。

紙器・紙工業界向け機械メーカーのパイオニア的存在

昭和3年設立以来80年、紙の加工機一筋で今日に至っている。各機械は、クライアントとの綿密な打ち合わせの上で設計がなされており、クライアントの要望を取り入れた機械造りに定評がある。包装容器リサイクル法施行に伴い、さまざまな包装資材が紙に変わろうとしている現在、同社の役割は重要である。その意味で需要が多い紙トレーの製造機は、食品包装をはじめ日用品包装、医療施設までさまざまな分野に使用されている等、独自の開発による機械生産のパイオニアとなっている。

海外市場でも効率化・高付加価値化に寄与

業界の効率化・高付加価値化を図る機械の研究・開発を展開している同社製の機械は、その独自の創造力を発揮し、国内をはじめ海外の各国に輸出され、様々な分野で活躍している。

このページの先頭へ