本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


川端ネジ製作所

印刷用PDF
2008年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
川端 謙二

「遊び心とデザイン」でネジに革命を起こす

「見て楽しみ、触って楽しみ、使って楽しむ」をコンセプトに個性化の時代にマッチしたデザイン性の高いネジを創造。新たな分野での活用が増加している。

伝統は改革することから始まる

同社は昭和28年、創業者が工業用ミシンやレントゲンの精密切削ネジを受注生産。特に世界に誇る日本の工業用ミシンメーカーより創業以来55年間採用され続けており、平成元年「ネジは機能部品だけではない」という事を発見。個性化の時代にマッチしたデザインを取り入れたネジの研究に着手。工業用から建築・サイン・インテリア・理美容機器・理美容ハサミ・ブランド鞄や販促製品にまで幅広い用途に採用されている。

デザインネジのパイオニア

同社が考案したデザインネジは、工業用精密ネジの加工技術をベースに最新の技術と匠の技をドッキングさせる事に成功し、Gマークや数々のデザイン賞を受賞している。形状デザインに加え、表面処理に象眼模様の技法を考案したり、伝統工芸の漆塗りを取り入れた斬新な発想・感性でデザインネジを創造している。また近年、ネジとナットを応用したカードホルダーを考案、東大阪ブランドにも認定されている。

新市場創造開拓企業への脱皮を図る

海外では生産が困難な工業用精密切削ネジの小ロット・多品種生産に加え、デザイン性に特化した独自ブランドの構築を目指す。

このページの先頭へ