本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


滝沢歯車株式会社

印刷用PDF
2008年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
滝沢 清志

高精度への追求TAKIZAWAのWAZA

超精密歯研歯車に特化した歯車作りを可能にした優れた技術力を有している。

かみ合い誤差測定用マスターギヤ

同社は創業以来、歯車専業で事業を営んでいる。現在は、自社の強みを活かした超精密歯研歯車に特化した経営を目指している。ス-パ-ファインピッチモジュ-ル0.20という微小・微細歯車を単に歯研歯車として世に出すだけではなく、JIS B1751M00級という最高ランクの両歯面かみ合い誤差測定用マスタ-ギヤとして提供している。

マスターギヤと放電マスター

ネジ状砥石を利用した創成方式の優位性は、ピッチ精度の良さにある。この方式でスーパ-ファインピッチモジュ-ル0.20を製作している。  また、樹脂成形・焼結・冷間鍛造歯車の放電マスタ-(電極)は、収縮・歯先の面取り・歯元形状に対応する。また、任意形状・任意歯筋にも対応している。

マイクロギヤの開発

近年、マイクロマシン、医療機器の分野で微小・微細歯車に対する必要性が言われている。そこでモジュ-ル 0.03(ピッチ0.0942)、硬度HRC58以上を開発テ-マ設定し、開発を進めている。

このページの先頭へ