本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社呉竹

印刷用PDF
2008年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
綿谷 基

墨造りの伝統を生かしたものづくり

書く・画く・描く-かく文化の創造を使命とし、心豊かな生き方を求める人々に役立つ。

液体墨、筆ペンの開発からアート&クラフト

同社は、創業、明治35年以来、奈良の伝統産業である墨造りを生業とし、書道用品をはじめ、液体墨、筆ぺん、カラーマーカー、アート&クラフト商材等を国内及び海外に販売。昭和33年の液体墨「墨滴」を開発し、その後、昭和48年「筆ぺん」を開発、大ヒット商品となる。平成15年CIを導入、事業領域をアート&クラフトと定め、現在に至っている。

本業力を活かす経営

同社は105年間培われた、墨造りへのこだわりを大切にしている。融雪剤SRブラック、蓄電池の改質剤は一見、墨や筆ぺんとは関係なさそうだが、カーボンブラックの微粒子分散技術により熱吸収性や電気的特性の改善に応用され商品化が可能になった。同社は本業を守りその延長線からは外れない本業力を活かす経営が強みである。

アート&クラフト カンパニー

「手書きの温かさ」「手造りの良さ」を基に書道関連商品及び芸術、手工芸商品の開発を推進する。また、カーボンの分散技術等を活かした、産業用用途の開発も積極的に展開していく。

このページの先頭へ