本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


東洋精密工業株式会社

印刷用PDF
2008年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
石井 昌

写真製版技術と装飾用サンドブラスト技術を融合

フォトリソグラフィとサンドブラストの複合技術により電子部品向け微細外形加工「フォトブラスト」を実現。

電子部品向け 微細サンドブラスト加工

写真製版技術を利用した金属板の化学エッチング加工とフォトマスク、回路加工を主軸に事業展開、写真製版技術と装飾品用サンドブラスト技術を融合し、セラミックスやガラス材料の微細加工「フォトブラスト」を開発した。写真製版技術を応用した微細加工はミクロンオーダーの高精度加工が可能で、タクトタイムも比較的早い。電子部品向けの数十μm径のスルーホール加工は大手業界紙で最先端技術として取り上げられた。

フォトブラストと回路基板複合加工

フォトブラスト加工と回路加工を組合わせた電子部品向け基板を得意としている。  圧力センサ、流量センサ、加速度センサは小型化が進み、従来の加工技術では、コスト、加工精度に限界があったが、大手電子部品メーカー向けのセンサ用セラミックス基板では、数万個のスルーホールを一括加工で短時間、高歩留りで作成することに成功した。  同社の回路基板は、薄膜、厚膜の両技術を有し衛星・無線通信や産業機器向け部品、各種センサ用に広く使用されている。

技術開発と複合加工を推進

フォトブラスト加工+回路加工の複合基板以外に、金属エッチング+回路基板の複合加工を強化、新規に極薄セラミックス膜形成技術開発を行っており、自動車部品向けの新市場を開拓する。

フォトブラスト マイクロ穴加工例

このページの先頭へ