本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


ヨシダエルシス株式会社

印刷用PDF
2008年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
吉田 擴

全自動養鶏システムの開発で卵を物価の優等生に

シンプル イズ ベスト、「儲かる養鶏の為の機械器具の開発」それは、国産採卵養鶏器具のトップメーカーとしての使命。

顧客とそして鶏との対話で日々開発に取り組む

昭和33年日本で初めて手動式の養鶏用給餌機を開発。特許取得後、全国に販売開始。  昭和40年法人化以来、自動給餌装置、自動除糞装置、自動集卵装置等の開発を次々と成功させ、全自動養鶏システムを完成させる。その後も顧客とそして鶏と対話しながら更なる品質の改良、性能の向上、低コスト化等々の為、日々開発に取り組んでいる。

ヨシダ式のブランド名で全国で全自動養鶏システムが年中休みなく稼働

ヨシダ式というブランド名で、全国大型養鶏場を顧客に全自動養鶏システムが年中休みなく稼動している。鶏の産卵率、生存率、飼料要求率(卵1kg産むのに飼料を何kg食下しているのか)等の成績がよく、好評を得ている。故障も少なく部品の供給も全国ほぼ翌日には届けられる。国内では大きなシェアを占めている。現在は外国製メーカー(主にヨーロッパ)数社と競合。その他鶏インフルエンザ対策として開発された鶏舎敷地内へ入って来る車輌の自動消毒装置も好評を得ている。

自慢の開発スピードを活かし、更なる開発を目指す

急激な仕入原材料の値上がりを吸収するべく製品の製造原価の低コスト化と併せて、同社の自慢である開発スピードをもって顧客の要望に応えるべく、更なる開発部門の強化を図る。そして鶏糞処理等環境問題にも積極的に取り組む。

本社工場全自動養鶏システム

このページの先頭へ