本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社技研製作所

印刷用PDF
2008年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役社長
北村 精男

建設現場を静かにした油圧式杭圧入引抜機

  • 高知県高知市布師田3948番地1
  • 1978年(昭和53年)設立
  • TEL 088-846-2933
  • http://www.giken.com/
圧入業界をゼロから創り上げた「圧入の家元」。

建設公害の低減に向けて

かつての土木工事は、掘削時の土砂を押さえ水の流入を防ぐ杭打ち作業を、打撃(たたく)か振動(ゆする)で行う機械しかなく、周辺住民を悩ます騒音や振動の発生源であった。 そこで昭和48年、同社は油圧力による静荷重で杭を土中に押し込む「圧入原理」を実用化、世界に先駆けて油圧式杭圧入引抜機「サイレントパイラー」を開発し、建設公害を一掃した。

世界に誇る純国産の建設機械

建設機械は欧米からの技術導入が主だったが、サイレントパイラーは着想から原理の発見、設計・製造・製品化まで全て日本で行った純国産建設機械である。総生産台数は約3,000、世界シェアは90%を超え、同社は「圧入の家元」として業界を牽引し続けている。

オリジナル工法の数々

圧入原理の優位性を生かしたオリジナル工法を数々提案。「地上に文化を、地下に機能を」のコンセプトで開発した地下駐車場、駐輪場は、建物の基礎としても効果を発揮する「稼ぐ耐震構造基礎」として注目を浴びている。

このページの先頭へ