本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社ツジデン

印刷用PDF
2008年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
大西 威徳

極小光源で鮮明な液晶画面表示を実現する光学フィルムを製造

極小の光源を画面いっぱいに満遍なく行きわたらせ、文字や映像をむらなく鮮明に表示させる光学フイルムのトップメーカー。

液晶表示装置に欠かせない光学フィルム分野において、高いシェアを誇る

液晶テレビ、パソコン用液晶ディスプレイ、デジタルカメラ・ビデオカメラ・携帯電話等の液晶部分の「フラットパネルディスプレイ」と呼ばれる液晶表示装置に欠かせないのが、極小の光源を画面いっぱいに万遍なく行きわたらせ、文字や映像をむらなく表示させる光学フィルムという光反射・拡散シート。 この光学フィルム分野において業界のトップメーカーとして、国内シェア35%を誇っている。

バックライト用光学フィルムの開発から機能フィルムの開発へとコア技術を拡大し、その応用製品に注力

アクリル真球状粒子の拡散性・透明性・集光性に目をつけ、光拡散フィルムを開発。1991年には、はじめて液晶ディスプレイ(LCD)メーカーに採用され、現在では、省スペース、薄型、長時間点灯、高輝度要求等、バックライトの仕様やLCDの用途に応じて、約30種類もの光拡散/光反射フィルムを製造。また、曲がる、割れない有機ELを実現する導電膜、バリア膜を付与した機能フィルムの商品化にも注力している。

LCD用光拡散フィルム

顧客のニーズに応えた開発

材料の開発のみならず、顧客ニーズに応えるべく種々の二次加工技術 (今では一般的になった輝線対策のドット印刷も当社の加工技術)やそれを実現する為の加工設備、液晶ディスプレイ(LCD)等の輝度測定装置を開発。

LCD等の輝度、色度のXY座標、水平度 等を自動測定する「輝度測定システム」


(注) 一部旧字については新字に置き換えています。

このページの先頭へ