本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


文明農機株式会社

印刷用PDF
2008年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
板倉 文明

たばこ耕作機械等農業用機械を開発・製造する創造開発型企業

  • 鹿児島県日置市伊集院町麦生田681-8
  • 1943年(昭和18年)設立
  • TEL 099-245-8787
  • http://www.bunmei.co.jp
たばこやさとうきびの収穫作業等を効率化する農業機械を開発。 地域農業の省力化に貢献する創造開発型企業。

たばこ、さとうきび等畑作関連農作業機械の開発・製造

文明農機株式会社の歴史は古く、大正8年(1919)滋賀県で創業し、昭和3年(1928)鹿児島に移転。創業以来約90年、一貫して農業用機械の製造販売を手がけてきた。  日本たばこ産業株式会社(当時日本専売公社)鹿児島たばこ試験場との共同開発により、移植、防除、収穫、搬出までの各作業を機械化した「たばこ管理作業車APー1」や、さとうきびの刈取作業・脱葉作業・搬出作業の各作業体系を一貫して同時に行う我が国最初の「国産小型ハーベスター」の1号機を開発(昭和55年(1980) )。

一人でも簡単に操作できる植付けから収穫までの一貫作業の機械化を実現

たばこ管理作業車は、一人で座乗し、簡単な操作により植え付け作業等ができるなど、 たばこの移植から搬出までの一貫作業の大幅な改善が図られ、たばこ作農家にとってはなくてはならない機械。また、さとうきび収穫の小型ハーベスターは、軽量小型で小回りがきき、一人での操作も簡単で、大変な労働を強いられるさとうきびの収穫作業の軽減・効率化に寄与。  こうした農業用機械の外、トラクターなどに簡単にセットできるさつまいものつる切り機・堀取り機等の各種機械も開発。

南九州地域の農業の機械化、省力化に貢献

特にたばこ、さとうきび、さつまいもといった地域特産農業関連分野の機械化に取り組み、南西諸島を含めた地元九州を中心とする地域農業の機械化、省力化に貢献。  平成16年(2004)には、タイの企業とさとうきびハーベスターについて技術提携を実施。

たばこ管理作業車たばこ畑での防除作業の様子小型ハーベスター

このページの先頭へ